日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

おすすめの海外旅行保険|無料で手厚い補償内容を得る裏技を公開します。

旅の情報

おすすめの海外旅行保険|無料で手厚い補償内容を得る裏技を公開します。
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

「海外旅行保険」とは万一のときに備えるものであり、実際には利用せずに掛け捨てになることの方が多いものです。旅行を無事で終えられたことはなによりですが、それが続くと、掛け捨てされる金額を節約できないものか?と考えるようになる人は多いと思います。

また逆に、これまで加入料金ができるだけ高額なセットプランの保険を選んで安心していた方には、この機会に、余計な補償までついていた可能性をぜひ知っていただき、次のときには加入料金の高さではなく、補償内容の高さで選べるようになることをぜひお勧めしたいです。特にこの先何度も海外旅行をする可能性がある方には、早い時期に知れば知るほど、お得に利用できることになりますよ。

前の記事でご紹介した「クレジットカード付帯の海外旅行保険」と「保険会社のバラがけの海外旅行保険」を併用する方法は、旅慣れた人ならみんな知っている最良の方法と言えると思います。「死亡保障以外の補償金額は合算できる」ことを知っておく点がポイントです。

クレジットカードを複数枚持っていて、そのいずれにも違う保険会社の保険が付帯している場合は、それだけで済ませている人もいます。補償金額はかなり低いですが、年会費無料カードにも海外旅行保険が付帯しているものがあるので、それをいくつも併用するのです。海外旅行保険への加入費用を一切かけずに、必要なときに必要な補償を受けられるなんて、素晴らしいですよね。


万人に向く方法とは言えませんが、もうひとつ「裏技」をご紹介しておきましょう。

これから海外旅行に向けてクレジットカードを選ぶことになる方は、初年度年会費無料キャンペーン中のゴールドカードを選ぶと、「バラがけ」がほとんど必要ないほどの手厚い補償内容の海外旅行保険も無料でついてくることになります。なおこのカードは、翌年年会費を払って使い続ける義務はないことも補足しておきます。

いずれにしても、「ある程度の内容の補償」がどのぐらいあれば適切なのかの知識が必要になりますね。特に「バラがけ」は、「オーダーメイドプラン」などとも呼ばれていて、補償内容と補償金額を自分に選んでいく必要があります。何をどれぐらい選べば安心と言えるのか、具体的に説明していきましょう。

まず、「死亡補償」は、旅行中に自分が本当に死んでしまう可能性はどれぐらいなのか?死んだときに保険金が出た方がよいのか?と考えると、低くて大丈夫だと分かると思います。カード付帯保険では3000万円が普通でそれで充分、といったレベルです。もちろんこれより低くてもご自身がよければOKです。

なお、「最大1億円」などと安心なように書かれている保険は、このいわば「いらない」死亡補償金額がアピールされているだけですので、要注意です。


「クレジットカード付帯の海外旅行保険」と「保険会社のバラがけの海外旅行保険」を利用する場合も、参考になる補償内容は、旅行代理店で勧められるようなセットプランです。その中から本当に必要なものだけ補償される内容で加入費用を安くできると、上手に選べたことになりますよね。

なお、補償金額を高めに設定しておきたいのは、「傷害疾病」です。クレジットカード付帯保険の落とし穴になるのはこの補償ですので、特に年会費の安いクレジットカードの場合は必ず確認することをお勧めします。海外の医療費用は大変高額です。100万円や200万円では心もとないです。

病気はある程度防げるかもしれませんが、怪我はいつ事故に巻き込まれるか分かりませんよね。集中治療室に入るほどの重症はないにしても、700万円~1000万円程度はあったほうがよいと思います。「救援費用」は、旅行中にダイビングや登山をするなど、遭難して捜索隊が出るとか、ヘリで病院に運ばれる可能性があるときには数千万円かけておいたほうがよいと思います。


出典 http://owf.jp

ヘリで思い出した余談ですが、ハワイ旅行中に、ワイキキ沖のカタマランセイリングの船で事故があり、怪我をした人が沖からヘリで搬送されてきて、ビーチ脇に待機していた救急車に乗り換えるところに遭遇したことがあります。

カタマランセイリングは、予約もいらず料金も安く、とても気軽に参加できるアクティビティですが、運が悪いと救援費用まで必要になるのだなと、怪我をした人は保険に加入していたかしら、と思ったものでした。実はこのときは、船のマストが折れたのだそうで、それに当たって亡くなった人もいたことを翌朝の新聞で読みました。本当に何が起こるか分からないものです。


出典 http://mochida.net

さて、海外旅行保険の中で、最も利用機会が多い補償は「携行品損害」です。必ず加入することをお勧めします。補償される内容は、旅行中に壊れたものの修理費用や盗られて無くなったものの時価額ですので、20~30万円も補償がつけばたいてい大丈夫ということになります。

ちなみに「最も利用機会が多い」理由は私の経験では、スーツケースをよく壊されるからです。航空会社に預けたスーツケースが、受け取った時に足が取れてなくなっていたり、持ち手が引き出せなくなっていたり、ハードタイプだったときは底が割れていたり…。チェックインカウンターで預けたあと、裏ではかなり乱暴に取り扱われていることが分かります。

以前は壊した航空会社が責任を取ってくれたものですが、現在は海外旅行保険への申請用の破損証明書を作成してくれるだけで、修理まではしてくれません。これも事故同様、いつ壊されるか分かりませんのでこの保険はとても重要だと思っています。

あと必要なのは「個人賠償責任」です。実際に利用する機会はほとんどないと思いますが、それこそ万一のときのためです。他人に損害を与えてしまった場合やホテルのものを壊してしまったりしたときに補償される費用です。補償金額は「無制限」や「1億円」になると思います。それでOKです。


おわりに

今回ご紹介していない項目は、基本的にかける必要がない補償であると考えてください。ただしそこは個人の価値観次第ですので、保険会社の説明を読んで必要だと思った方は加入するとよいと思います。次の旅行の際の保険選びに、この記事が参考になりましたら幸いです。


5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ