日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

海外旅行・荷造り|病院の薬を持ち込みたいときの注意点

旅の情報

海外旅行・荷造り|病院の薬を持ち込みたいときの注意点
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

病院の薬を持ち込みたいときの注意点

海外旅行のための荷造り中に、ふと疑問に思うことについての情報をお伝えしようと思います。「病院の薬は、そのまま持っていってよいのか?機内持ち込み手荷物にするのがいいのか、航空会社へ預けるスーツケースに入れたほうがよいのか?」

持っていきたい薬の量が少ない方は、深く考えなくても大丈夫ですが、軽い持病を複数抱えて旅行に行く人や、旅行期間が長期になる人は、持っていこうとまとめてみた薬の量を見て、「これ、大丈夫なのかなぁ?」と不安になると思います。


私も実際に経験があります。1年間の予定で、アメリカ・ニューヨークに留学したときです。現地にどんな薬があってどこで入手できるのか全く分からなかったため、普段飲んでいる薬を多めに持っていこうとしました。

留学中辛いことがあるときっと胃が痛くなるだろう、と思った程度の理由ですが、かかりつけのお医者様のところへ行って、ときどきもらっていた胃薬を多めに処方してもらいました。

通常は、多くても1ヶ月分しか処方してもらえないところを、留学という事情があることを説明して3ヶ月分いただきました。薬を受け取ってみたら、あら大量。それで私も「これ、大丈夫なのかなぁ?」と思ったわけです。


出典 http://imagel.navi.com

調べてみると、「入国審査で止められることがある。そのときには、医師の処方箋を英訳したものを提示しなければならなくなる」とのことでした。

翌日お医者様のところに行って、処方箋の再発行と英訳をお願いしてみたのですが…「できません」と言われてしまいました。お医者様なら英訳なんて簡単だろう、と勝手に思い込んでいたのですが、英訳対応ができるお医者様は、実際のところ少ないようです。

文書発行手数料を取って対応してくれる病院や医院も中にはあるようです。

この文書の必要性について実際のところは、入国審査で止められた場合にも、何に効く薬なのか、麻薬ではないことさえ説明できれば大丈夫らしいと分かったため、私は文書は何も用意していきませんでした。

「ゾーズ アー フォー マイ ストマックThose are for my stomach.」(それらは私の胃薬です。)程度で、係員には通じるでしょう。薬はまとめて預け荷物の方に入れました。もちろん入国審査で止められることは、ありませんでした。


出典 http://industrial-pharmacist.com

アメリカ国内の空港で乗継をする旅行の場合は、乗継空港で荷物のセキュリティチェックが必ずありますので、例えば「大量の粉薬」は、係員が不審に思って詳しく調べようとされる恐れがあります。口頭で説明できない方は、「何に効く薬なのか」英語で書いたものを持っていると安心だと思います。

最近は薬の説明の紙をつけてくれる薬局も多いですね。それに追記してもいいと思います。英訳は手書きでOK、自分で辞書を引いて訳したもので十分です。

外国でも販売されている錠剤など、パッケージに英字で薬の名前が印字されているものなら、説明なしでそのままでも大丈夫です。次の旅行の際の参考になれば幸いです。




今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!