日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

海外旅行時の複雑な免税手続き|基本ポイント編

旅の情報

海外旅行時の複雑な免税手続き|基本ポイント編
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ヨーロッパ旅行の最後のイベントといえば、空港での免税手続きですね。

国によってルールが少しずつ異なり、難しいイメージがありますよね。実際、複雑で難しいです。しかも、一度覚えても次に同じ国に旅行する頃には、ルールが変わっていたりもする…。

複数の国を周遊する旅程だったり、日本行きの飛行機が他の国から発つ旅程だったりすると、もうどこで何をどうすればいいのか、ワケが分からなくなってしまうと思います。

私の場合、数年前に行った「ドイツ」で、手続きにさんざん時間と手間をかけた挙句、5ユーロしか還付されなかった、ということがありました。免税手続きは初めてではなかったにもかかわらず、です。

もっとよくルールを理解してれば多く還付されていたかもしれない、もっと楽に手続きできたかもしれない、と思いましたので、これから旅行される方に向けて情報提供したいと思います。

まず、各国共通と言える基本的なポイントは以下のとおりです。


1. 還付方法の選択

「ユーロ現金」「クレジットカードあて」「日本円」から選べますが、私からは「ユーロ現金」をおすすめします。税関でハンコをもらうところまでの手続きは同じですが、特にドイツは、返金業者が「Global Blue」「ReiseBank AG」と少なくとも2つあり、どの書類をどこで手続きすればよいのか、分かりづらいです。

返金窓口で何か不備に気づいたとき、対処がしやすいのは、ヨーロッパにいるうちです。

また、「クレジットカードあて」は手軽だと思われがちですが、記載内容に不備があったり送り先の業者を間違えたりした場合、連絡もなく返金もされないことになります。また、返金されるまでは何か月もかかることが多く、その間ずっとやきもきしなければなりません。


2. 免税対象価格と免税書類について

国によって異なる「免税対象価格」をよく把握しておくことをおすすめします。(ドイツでは、ここに大きな落とし穴がありました。次回、ご紹介します。)買い物する日には必ずパスポートを携帯し、会計のときには免税手続き書類を発行してもらいます。パスポートがないと書類は作ってもらえません。

なお、お店が書類発行に対応していない場合もあります。その場合は免税にはなりません。書類には名前や住所を書く欄があるので、帰国の日までに忘れずに記入しておきましょう。クレジットカードに還付してもらう場合は、カード番号の記入も必要だったと思います。


3. 税関での手続き

「原則として」は、帰国の際、日本行きの飛行機に乗る空港の税関で品物を見せて、お店でもらった書類に税関のハンコを押してもらいます。この手続きには便利な裏技がありますので、続きの記事でご紹介します。


4. 還付(返金)手続き

還付方法別に以下のようになります。

① ユーロ現金でもらう場合は、返金業者窓口へ書類を持参して手続きします。

②クレジットカードへ返金してもらう場合は、お店でもらった封筒に書類入れて、空港の専用ポストに投函します。

③日本円の現金でほしい場合は、日本の空港に着いてから、宅配業者窓口(成田の場合はJAL ABCとQLライナー)で手続きします。

※グローバルブルーはJAL ABCが窓口ですが、ReiseBank AGは日本では手続きできない可能性が高いです。





今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ